crowd funding

クラウドファンディング

クラウドファンディングで 『bonneville』写真集プロジェクトの サポーターを募集中!

ボンネビル 本
ボンネビル Tシャツ
クラウドファンディング「CAMPFIRE」で『bonneville』写真集出版プロジェクトを展開中。 ご協力いただいたサポーターの方々には魅力的なリターンをご用意しています。
カメラマンの増井貴光は本来の仕事であるバイク雑誌の撮影の合間、過去7年の間に、このボン ネビルの様子を撮影するためにソルトフラッツを何度も訪れました。毎年のように通うことにな ったきっかけは、“世界最速の日本人”といわれるレーサーのヒロ・小磯氏に誘われたこと。『世 界最速のインディアン』の主人公、バート・マンローと同じように自宅のガレージで自らマシン の制作も手掛ける彼のスピードに賭ける情熱に感動し、現地へ通うようになりました。これまで 撮影した写真も10,000カットを優に超えています。
今回の写真集にはそんな7年間のボンネビルへの想いが詰まった膨大な量の写真から、厳選して 載せていきたいと考えています。仕上がりは96ページになる予定。バイクファンの方はもちろん、 バイクに興味のない方々にまで響くクオリティを持った、アーティスティックな写真集をめざし ています。また、塩の平原をレースに適した状態に戻し保護しようと活動するこの取り組み 「SAVE THE SALT」に、私たちの写真集の売上げの一部を寄付しようと考えています。
以下、増井本人からこの写真集にかける想いを語ってもらいました。

「私が初めてボンネビルを訪れたのは2010年。ヒロ・小磯という日本人と知り合ったことから、 このストーリーは始まります。日本ではあまり知られていないランドスピードレースに挑戦する 日本人がいるということを日本に紹介したいと思い7年間通い撮影をしました。100年という歴 史のあるボンネビル・ソルトフラッツというランドスピードの聖地で行われるチャレンジに通っ ていくうちに自分もその世界に受け入れてもらえた気がします。そのような素晴らしいシーンを 日本に、そして世界中に紹介していきたいと思っています。本来のバイクの世界はこれだけ自由 だということ、さりげなく命がけの最高速に挑戦する人たちのドラマ、そのようなことをこの写 真集に詰め込みたいと思っています。この写真集を見ていただいたことをきっかけに、ランドス ピードレースに挑戦してみよう、ボンネビル・ソルトフラッツを訪ねてみよう、などと心が動い ていただければ、これほど幸せに思うことはありません。一人でも多くの皆様にこのプロジェク トメンバーとして参加していただければ有り難く思います。」